サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ルーフSCRへ試乗 NA 4.0Lフラットで510ps 1250kgのカーボンボディ 前編

ここから本文です

独自のタブシャシーにカーボンボディ

1988年に、アルファ・ロメオ164のプロカーというレーシングカーが作られた。見た目は4ドアサルーンの164だが、取り外せる専用のボディカウルをまとった、V型10気筒をミドシップしたまったく別物のレーサーだった。

すべての画像をみる 全133枚

このルーフSCRも、似たようなクルマだとお考えいただければわかりやすい。ポルシェ911にしか見えない美しいシルエットを湛えているが、共通している部分は殆どない。

基礎構造をなすのは、マクラーレンにも似たカーボン・コンポジット素材によるタブシャシー。ルーフ社独自のもので、重さは88kgしかないという。

おすすめのニュース

サイトトップへ