サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ある意味、贅沢なモデルだった!? 相当に気合が入った車3選

ここから本文です

■相当に気合が入って開発されたクルマを振り返る

 自動車メーカーや部品メーカーは、日々コスト削減のための手法を模索しています。その成果の例として、主要なコンポーネントのモジュラー化や、部品の共有化が挙げられ、これにより開発費の削減や、開発期間の短縮が可能になりました。

スープラ並みに速いセダンがあった? 絶滅寸前なスゴいセダン5選

 一方で、かつて販売されたクルマのなかには、ある目的を達成するために専用の部品を大量に開発したモデルも存在。

 そこで、相当に気合が入って開発されたクルマを3車種ピックアップして紹介します。

おすすめのニュース

サイトトップへ