サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンF1、名物モーターホーム『ブランドセンター』を大幅縮小へ。機材輸送を減らし持続可能性の追求に貢献

ここから本文です

 F1のパドックと言えば、各チームが“モーターホーム”と呼ばれる仮設の建物を構えることで知られているが、2007年に登場したマクラーレンの『ブランドセンター』と呼ばれる3階建てモーターホームは、その豪華さからパドックの目玉となっていた。

 正面が大きなソーラーガラスで覆われているブランドセンターには、キッチンやケータリングエリア、ミーティングルーム、ドライバーズルーム、そして広報スタッフ用のオフィススペースなど、様々な部屋が設けられていた。

■CO2排出削減のため……”宮殿”のようなF1モーターホームとのお別れは近い? 

 しかしながらF1は、二酸化炭素排出量を削減して持続可能性を追求していく中で、より効率的な輸送方法に目を向けるようになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン