サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 好勝負、再開。ダカールステージ9、じわじわと追い上げるKTM&ハスク VS 耐えるホンダのリッキー

ここから本文です

好勝負、再開。ダカールステージ9、じわじわと追い上げるKTM&ハスク VS 耐えるホンダのリッキー

ステージ8がキャンセルになったこともあって、ダカールも一気に終盤戦へ突入。以前、ラリーにおいては僅差とも言える20分台のリードで、ホンダのリッキー・ブラベックが激走しており、ハスクバーナのパブロ・キンタニラとKTMのトビー・プライスがこれを追う展開だ。ステージ9は、大きな動きはなく場は膠着。

PHOTO/RALLYZONE

ホンダ「CBR1000RR-R FIREBLADE/SP」を徹底検証!

SS410km、リエゾン476kmと長大なルートのステージ9。路面のほとんどは土で、デューンは5%。「何も無いところ(the Empty Quarter)」と呼ばれる、ルブアルハリ砂漠の一角を通過するが、ステージのうちのほんのわずかで30km程度であった。

守るホンダ
コルネオが「自分だけでなく、今日はステージに集中しづらい日だった」と語るとおり、ダカールの面々にパウロ・ゴンサルベスの事故は暗い影を落としている。その反面、フィジカルやマシンについてはステージ8のキャンセルによって誰もが予期せぬ回復を得た。

ラリー終盤になると、特にステージ優勝の重みは前半とは異なるものになる。特にTeam HRCの2020年に関して言えば、集団から20分飛び出して単独トップを走るリッキー・ブラベックをチームとしてあと4日間いかに守り切るかに焦点が集まる。ブラベックとしては、ここで全力を出し切るリスクは高く、堅調に20分の貯金をいかに使っていくかを考えるべきだ。

ブラベックは、このステージ9において一時トップにたつものの、4番手でゴール。ブラベックは「明日は、キンタニラとプライスのほうが先にスタートする。だから、自分は彼らに追いついて視界にとどめておけばいい」と語るとおり、総合優勝に向けて有利な展開に持ち込んだ。2019年は、ラスト3ステージで無念のリタイアを喫している。雪辱を果たせるか。

タフな終盤戦が強いられる、KTM・ハスクバーナ勢
KTM勢の苦戦は、パブロ・キンタニラの言葉に集約される。「ステージ8がキャンセルされたことで、私の作戦は暗礁に乗り上げた。残り3ステージ、プッシュし続け、いかにタイムを稼げるか…」と。このステージ9の優勝をパウロに捧ぐ、とコメントするキンタニラの状況は、現状2位にして重い。

現状3位のトビー・プライスも「追う者」だ。「長く、そしてあっという間の一日だった。メンタル的に非常にくるしいステージだった」とプライスも苦悩をコメントする。特に、プライスはステージ7のパウロ・ゴンサルベスの直後を走っていたことから、相当にタフな1日だったろう。

ステージ9後、総合順位
[ 表が省略されました。オリジナルサイトでご覧ください ]

ここにきて、次からのステージ10-11はマラソンステージが待ち受ける。さらには、ステージ10にはいよいよ「何も無いところ」に本格的に入り、30%以上がデューン。ステージ11も過酷な砂漠越えが続き、ナビゲーションは難しくトラブルも起きやすい。2020年のダカールラリー、最大の山場に入ると言えるだろう。

キンタニラや、プライスにとっては、20分以上のブラベックとの差を縮めていく必要がある。協調体制をとれる強みはあるが、ホンダもブラベックとバレダが協調体制をとってコマを進めていくことができる。

トビー・プライスの2016年の優勝で、はじめてモト部門においてヨーロッパ外のライダーが勝利した。もしブラベックが優勝することができれば、アメリカ初のダカール優勝ライダーになる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します