サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > インディカー第9戦ロード・アメリカ:パロウが”運”を味方に今季2勝目。佐藤琢磨8位

ここから本文です

 ロード・アメリカで行なわれた2021年のインディカー・シリーズ第9戦は、アレックス・パロウ(チップ・ガナッシ)が優勝を手にした。佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン)は8位だった。

 このレースを支配したのは、ペンスキーのジョセフ・ニューガーデンだった。ニューガーデンは55周のレースのうち、32周でラップリードを記録。エド・ジョーンズ(デイル・コイン)のスピンにより52周目にフルコースコーションとなった際にも、首位に立っていた。

■ケビン・マグヌッセン、ロード・アメリカ戦でインディカーデビュー。負傷したローゼンクヴィスト代役

 しかし残り2周でレースがリスタートした際、ニューガーデンのマシンにはギヤボックストラブルが発生してしまう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン