サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1】レッドブル、2021年型マシン「RB16B」を発表…ホンダ最終年の“戴冠締め”に期待

ここから本文です
F1に参戦するレッドブルは23日、2021年型マシン「RB16B」を発表した。今季はタッグを組むホンダにとっての参戦最終年であり、レッドブル・ホンダとしての“ラストチャンス初戴冠”に期待が高まる。

レッドブルは姉妹チームのアルファタウリ(2019年までの名称はトロロッソ)が2018年にホンダのパワーユニット(PU)使用を開始したのに続き、翌2019年からホンダPUを搭載。レッドブル・ホンダのタッグでは、2019年に3勝、2020年に2勝をそれぞれマークした(優勝者はいずれもマックス・フェルスタッペン)。

おすすめのニュース

サイトトップへ