サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > マセラティがV6エンジンを新開発。F1由来のプレチャンバー技術を応用した最新ユニットへ

ここから本文です

8000rpmまで回る3.0リッターV6ターボを新開発

マセラティは2020年7月1日に、次世代スーパースポーツ「MC20」に搭載する内製エンジンの詳細を発表した。「Nettuno(ネットゥーノ)」と名付けられた3.0リッターV6ターボエンジンは、開発から組み上げまですべてを内製で実施する自社ユニット。最高出力630ps/7500rpm、最大トルク730Nm/3000~5500rpmを発生するという。レヴリミットは8000rpm。

新型プジョー 208が日本で販売開始! 最新フレンチハッチで選ぶべきは直3ガソリンかEVか

「ネットゥーノ」ユニットは、2020年9月に発表予定の次世代スーパースポーツMC20にまずは搭載。

おすすめのニュース

サイトトップへ