サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「F1やめます」「エンジンもやめます」! そんなホンダが「新型シビックタイプR」を開発する理由とは?

ここから本文です

偽装したテスト車の存在が公開され話題に

 ホンダの北米法人であるアメリカンホンダは2021年10月4日、2022年発売予定としている新型「シビックタイプR」について、「独ニュルブルクリンクでのテスト準備が整った」と称する短いプレスリリースを出した。これに合わせて、外装をカモフラージュした車両の前後の画像も公開している。

「タイプR」じゃないのにバカっ速! アコード&トルネオ「ユーロR」の高性能っぷり

 エンジンやサスペンションなどに関する車両スペックは未公開ながら、タイプRを待ち望んでいる世界中のホンダファンは「デビューに向けた確かな姿」を確認できたことに、ホッと胸をなでおろしていることだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン