現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > やはりオットマンが効いたか? N-BOXついに王座陥落! スズキ スペーシアが首位になったぞ! 軽自動車の販売に異変発生?

ここから本文です

やはりオットマンが効いたか? N-BOXついに王座陥落! スズキ スペーシアが首位になったぞ! 軽自動車の販売に異変発生?

掲載 更新 140
やはりオットマンが効いたか? N-BOXついに王座陥落! スズキ スペーシアが首位になったぞ! 軽自動車の販売に異変発生?

 ベストセラー軽自動車といえば、長くN-BOXの代名詞だったが、5月の販売ランキングで異変が起きた。N-BOXが王座から脱落し、その座にスズキ・スペーシアが収まったのだ。軽自動車ランキングに異変が起きているのか?

文と写真/ベストカーWeb編集部

やはりオットマンが効いたか? N-BOXついに王座陥落! スズキ スペーシアが首位になったぞ! 軽自動車の販売に異変発生?

■シンプルさのN-BOXに対し、派手さを残したスペーシア

5月の新車販売ランキングで首位に立ったスズキ・スペーシア(カスタム)

 気配りの効いた使い勝手やエクステリア、走りの良さで、長く軽自動車の王者に君臨してきたホンダN-BOX。実際その売れっぷりは圧倒的で、軽4輪の新車販売としては9年連続、年度の新車販売台数でも3年連続で首位を獲得してきた。2023年度の販売台数は21万8478台に上る。

 そんなN-BOXが、2024年5月の販売ランキングで首位から転落した。販売台数は1万4582台。その数字をおよそ600台上回り、スズキのスペーシアが1万5160台で1位の座を奪ったのだ。

 もともと両車はガチのライバル関係にあり、N-BOXは2023年10月、スペーシアはそれを追うように翌11月に、3代目へとフルモデルチェンジを果たした。

 どちらのフルチェンジも先代モデルのイメージを継承する方向だったが、N-BOXがシンプル&クリーンなイメージに進化したのに対し、スペーシアが一定の「派手さ」を残してきたことは相違点だといいえる。

 さらにN-BOXが164万円台からの値付けだったのに対し、スペーシアが153万円台からのグレードを用意したこと、スペーシアがスズキ車としては初めて、後席にオットマン機能を追加したことなども、ユーザーの心理に響いたように思える。

 とはいえ両車の差はたった600台弱だから、今後のN-BOXの再逆転は大いにあり得る。4月に生産を再開したダイハツ・タントの急成長も注目だ。ボーナス商戦を控えて、軽自動車の販売競争は熱い戦いとなりそうだ。

【画像ギャラリー】N-BOXとスペーシアをじっくり見てどこが違うか考えて!(10枚)

投稿 やはりオットマンが効いたか? N-BOXついに王座陥落! スズキ スペーシアが首位になったぞ! 軽自動車の販売に異変発生? は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

今や新車の4割が軽!? スーパーハイトワゴンが鬼のブームに!! なのに[ウェイク]が1代で消えたワケ
今や新車の4割が軽!? スーパーハイトワゴンが鬼のブームに!! なのに[ウェイク]が1代で消えたワケ
ベストカーWeb
20年前にもう登場してたマツダ版[LBX]!! 小さな高級車[ベリーサ]今ならバカ売れ! 絶版コンパクトカーイッキ見
20年前にもう登場してたマツダ版[LBX]!! 小さな高級車[ベリーサ]今ならバカ売れ! 絶版コンパクトカーイッキ見
ベストカーWeb
パワーと燃費を両立する[RAV4]!! 人気[国産SUV]との比較も圧倒するワケ
パワーと燃費を両立する[RAV4]!! 人気[国産SUV]との比較も圧倒するワケ
ベストカーWeb
ホンダ ヴェゼルが、大差の1位を獲得!2024年上半期SUV新車販売台数に見る、人気モデルたちの「最新事情」
ホンダ ヴェゼルが、大差の1位を獲得!2024年上半期SUV新車販売台数に見る、人気モデルたちの「最新事情」
Webモーターマガジン
クラストップの燃費[ノア]!! 気持ちよさで選ぶなら[ステップワゴン]! ミニバンHVの違いイッキ見
クラストップの燃費[ノア]!! 気持ちよさで選ぶなら[ステップワゴン]! ミニバンHVの違いイッキ見
ベストカーWeb
一番売れている「軽自動車の“王様”」はどれ?「23ヵ月連続ナンバーワン」も! 2024年「“軽”販売ランキング」トップ3
一番売れている「軽自動車の“王様”」はどれ?「23ヵ月連続ナンバーワン」も! 2024年「“軽”販売ランキング」トップ3
くるまのニュース
[広すぎる後席]が世間をお騒がせ中!! WR-Vの後席に[インド事情]が深くからんでいる件
[広すぎる後席]が世間をお騒がせ中!! WR-Vの後席に[インド事情]が深くからんでいる件
ベストカーWeb
ハッチバック消滅も近いかも!? 1代限りの[レクサスCT]は超便利だったのに! 絶版ハッチバックイッキ見
ハッチバック消滅も近いかも!? 1代限りの[レクサスCT]は超便利だったのに! 絶版ハッチバックイッキ見
ベストカーWeb
全高は低く!! でもスライドドア搭載! 居住性重視の[ワゴンRスマイル]意外な欠点とは?
全高は低く!! でもスライドドア搭載! 居住性重視の[ワゴンRスマイル]意外な欠点とは?
ベストカーWeb
新車が[80万円台]から購入可能!! 燃費はスイフト超え! [ミライース]は余裕の4人乗車もイケるってマジか!!!!
新車が[80万円台]から購入可能!! 燃費はスイフト超え! [ミライース]は余裕の4人乗車もイケるってマジか!!!!
ベストカーWeb
[ジムニー]の誕生秘話が予想外すぎ!! [シエラ]は今や大黒柱に! スズキのクロカン3選
[ジムニー]の誕生秘話が予想外すぎ!! [シエラ]は今や大黒柱に! スズキのクロカン3選
ベストカーWeb
名車[ローレル]だって絶版……やっぱセダンは厳しい? ランサーの後継[ギャラン]は程よいスポーツだった
名車[ローレル]だって絶版……やっぱセダンは厳しい? ランサーの後継[ギャラン]は程よいスポーツだった
ベストカーWeb
日産が新型「軽ハイトワゴン」発表! 打倒「N-BOX」めざす「新・背高モデル」がカッコいい! もはや「小さな高級車」な“新型ルークス”に驚きの声!
日産が新型「軽ハイトワゴン」発表! 打倒「N-BOX」めざす「新・背高モデル」がカッコいい! もはや「小さな高級車」な“新型ルークス”に驚きの声!
くるまのニュース
今は無き[エスティマ]値上がりヤバい!! だったら北米の巨大ミニバン[シエナ]日本導入プランは?
今は無き[エスティマ]値上がりヤバい!! だったら北米の巨大ミニバン[シエナ]日本導入プランは?
ベストカーWeb
ほぼ一緒なのにトヨタよりスズキが16万も高い!! [ノア]より謎に高い[ランディ]を選ぶ理由
ほぼ一緒なのにトヨタよりスズキが16万も高い!! [ノア]より謎に高い[ランディ]を選ぶ理由
ベストカーWeb
登場が20年の早かった[スカイラインクロスオーバー]!? 今こそ[ラシーン]復活求む! 絶版SUV3選
登場が20年の早かった[スカイラインクロスオーバー]!? 今こそ[ラシーン]復活求む! 絶版SUV3選
ベストカーWeb
まさかの[ランクル70]中古車が高騰!! たったの6カ月で約[73万円アップ]したワケって?
まさかの[ランクル70]中古車が高騰!! たったの6カ月で約[73万円アップ]したワケって?
ベストカーWeb
新型よりめっちゃ安い先代[スイフト]!! MTまで用意した超絶走りモデルだった
新型よりめっちゃ安い先代[スイフト]!! MTまで用意した超絶走りモデルだった
ベストカーWeb

みんなのコメント

140件
  • masa
    いいじゃん。切磋琢磨して、また良いものが出来るし。

    やっぱりチープなのはダメだね。
  • eps********
    オットマンは関係ない。単にN-BOXカスタムの顔がダサすぎるだけ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

153.0182.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0294.0万円

中古車を検索
スペーシアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

153.0182.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0294.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村