サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1新車”雑感”解説:レッドブルRB16B。60%が昨年型と同じ……でもリヤサスペンションに変更あり

ここから本文です

 レッドブルが、2021年用のニューマシンRB16Bを発表した。このマシンはRB16”B”と、昨年型RB16のBスペックマシンであることが強調されており、その通りマシンの見た目の第一印象はRB16のままであった。

 同チームのクリスチャン・ホーナー代表も、マシンの60%は昨年と同じだと語っている。

■レッドブル・ホンダF1、新車『RB16B』を発表。ホンダの“最後の挑戦”がついに始まる!

 では実際にはどこに変更が加えられているのだろうか。細部を見ていくと、いくつか変わっているのが分かる。

 外見上最も変わっているのはマシンのリヤ部分だろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ