サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 『小野木里奈の○○○○○日和』は、ライディングウエアはバイクの楽しさを倍増させてくれるアイテムをご紹介!

ここから本文です

『小野木里奈の○○○○○日和』は、ライディングウエアはバイクの楽しさを倍増させてくれるアイテムをご紹介!

■バイクの楽しさを何倍にもさせてくれるライディングギアの魅力

 皆さんこんにちは!初心者ライダーの小野木里奈です!

嗚呼、ホンダ「CB400スーパーフォア」 日本2輪メーカーの400クラスでライバル不在となった4気筒エンジンに乗る

 今回はホンダのライディングウエアのご紹介です! 前回、CB250Rの試乗記を書いたときにホンダのライディングウエアを着させていただきました。前回はホンダ「CB250R」の試乗記、今回はホンダのアパレルについて書きます!

 私が着させていただいたライディングウエアは、ジャケット、パーカー、パンツ、キャップです。ジャケットは黒を基調としたテイストのものを着ました。同じデザインでネイビーも用意されているそうです。こちらはジャケットとパーカーが一体型になっていて、グレーのインナーパーカーは単体でも使用可能。ジャケットの内側は、グリーンの迷彩柄でリバーシブルでも着用することができます。

 これはヘルメットやバイクのデザイン、インナーカラーをその日の気分に合わせて着るのか楽しめますね。グレーのパーカーはフードをかぶってみると、フード部分にはホンダのロゴがデザインされていす。さりげない感じがちょっと可愛らしいです。

 インナーパーカーにはプロテクターが装備されており、袖を通してみると確かにプロテクターの装着感はありますが、想像していたよりも重くはありません。インナーパーカーの生地が柔らかいのでそんなに上半身ががっちりした感覚や締め付けられることもほとんど感じないので、安全のことを考えたらこれくらいは全然ストレスにならないかと思います。

 パンツもジーンズ風のデザインで、深い色合いのカラーはどんなトップスにも合わせられますね。こちらも膝周りにプロテクターが装備されていて簡単に取り外しもできます。取り外してみるとプロテクターそのものはカッチリ固すぎず、少し弾力があるので歩いていても膝周りが抑えられつつも足を曲げることができます。バイクに跨ったときに膝が曲がったときにもプロテクターがフィットするようになっていました。

 あとはバイクアパレルのパンツって普段履くパンツと違って少し裾が長めになっているんですよね。これは運転姿勢で膝を曲げたとき必然と裾が上がります。そのとき足首がむき出しにならないように想定して少し長めに作られているらしいです。パンツの裾が長いと普通歩いているときに引きずってしまうはずなのですが、バイクのシューズやブーツなどのかかとが少し高かったりハイカットのシューズを履いていると意外と平気なんです。これも計算して作られているのでしょうか。特にこのパンツは私も欲しくなりました。

 バイクに乗るとき普段持っているパンツだと、先ほど書いたように裾が上がって足首が見えてしまうんですよね。これが真冬だとさらに寒さを感じてしまいますし (笑) バイクの運転中、私はふくらはぎと足首が冷えてくるので、パンツはライディング用のものが一番合っているかもしれません。

 キャップはシンプルなデザイン。淡いジーンズカラーでトップに白くホンダのロゴが。こちら、帽子のブランドでも有名なあのニューエラとのコラボ商品! 私もニューエラのキャップをいくつか持っています。まさかこのブランドともコラボしているとは思いませんでした。カジュアルなデザインなので、普段着でも合わせられるデザインですね。

 私はバイクに乗る以前まであまり帽子をかぶることが少なかったんです。ただ、ヘルメットをかぶって脱ぐと大抵頭がぺちゃんこに (笑) そんなとき帽子をかぶっていれば髪型が崩れてもごまかせるんです! 初めてヘルメットをかぶったときに想像以上に頭がぺちゃんこになって驚いた教習初日が懐かしい (笑)

 髪型崩れることはバイクに乗っている限り避けられないことですが、だからといってツーリング先で写真を撮ったりもしたいので、見た目はできるだけ素敵にしていたい…! そんなとき帽子があると便利なんです!

 今回紹介したアパレルは、豊富な種類を揃えるホンダライディングウエアの一部ですが、他の商品はホンダのホームページで閲覧できますし、ホンダ二輪車正規取扱店でも販売されています。もしホンダのバイクの購入を考えている方は実際に店舗に行ったときに、バイクを見るだけでなくアパレルをチェックしてみるのもオススメです!

 バイクとファッションの組み合わせは、ライダーそれぞれの個性を引き立てるポイントです! そして人が乗って初めて完成するので、自分のバイクやヘルメットに合わせてウェアは選んでいきたいもの。バイクだけでなく、このようにライディングウエアも展開しているメーカーもたくさんあるので、是非お気に入りのバイクウェアを探してみてください!

■小野木里奈Instagram

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します