サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ? 売れなかったわけじゃないのにシレっと姿を消していたマツダ車3選

ここから本文です

「ロータリーエンジン搭載車の市販化」、「SKYACTIVテクノロジー」と「魂動(こどう)デザイン」など、自動車業界を驚かせるモデルを製造・販売してきたマツダ。そんな多くの秀作の陰には、イマイチ販売が振るわず、人知れず姿を消していった名車が存在するものです。今回は、いつの間にかシレっと姿を消したマツダの車3選をご紹介します。

上質なコンパクトカーを目指したベリーサ

マツダから遂に待望のロータリーが復活! けど“これじゃない感”は否めない!?【みんなの声を聞いてみた】

マツダ ベリーサは、2004年にデビューした上質さが売りのコンパクトカー。シンプルな造形でありながら、メッキパーツなどを上手くちりばめているため、品のある上質な内外装のデザインになっています。

おすすめのニュース

サイトトップへ