サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ガスリー、首位から0.081秒差の3番手「予選には自信がある。ロングランは改善が必要」/F1第21戦金曜

ここから本文です

ガスリー、首位から0.081秒差の3番手「予選には自信がある。ロングランは改善が必要」/F1第21戦金曜

ガスリー、首位から0.081秒差の3番手「予選には自信がある。ロングランは改善が必要」/F1第21戦金曜

 2021年F1サウジアラビアGPの金曜、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=4番手/2=3番手だった。FP2では、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がミディアムタイヤで記録した最速タイムと0.081秒差のタイムをソフトタイヤでマークした。

■ピエール・ガスリー(スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ)
フリー走行1=4番手(1分30秒263:ソフトタイヤ/28周)/2=3番手(1分29秒099:ソフトタイヤ/22周)

ホンダ全車トップ10入り「ポジション的にもいい結果。ここからパフォーマンスアップを目指す」と田辺TD/F1第21戦金曜

 このサーキットが大好きだよ。コーナーが素晴らしくて、走っているとアドレナリンが大量に出てくる。

 とてもいい一日だった。今のところペースにはすごく満足している。僕たちは土曜日は大体好調だから、明日にも自信を持っている。さらに改善の余地があるしね。ただ、ロングランに関してはそれほど自信を感じていないので、日曜日の決勝に向けて取り組むべき仕事はまだ残っている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します