サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > ヴァレオ、マイクロ電動車の「48V ライト eシティーカー」を「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」でジャパンプレミア

ここから本文です

ヴァレオ、マイクロ電動車の「48V ライト eシティーカー」を「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」でジャパンプレミア

2022年5月25日~27日 開催
入場無料


■ 48Vの電動車ソリューションや、アフター向けワイパーの「後付けアクアブレードスマートウォッシャー」などを展示

「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」開幕 パシフィコ横浜に484社、オンラインに27社の計511社が出展

 ヴァレオは、5月25日~27日にパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催されている「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」(主催:公益社団法人自動車技術会)に出展。電動車のソリューションなどを展示するとともに、48V eAccessを搭載したデモカー「48V ライト eシティーカー」をジャパンプレミアした。また、ワイパーではブレード全長にわたってウォッシャー液をふきかけてウィンドウを洗浄する「AquaBlade」などを展示した。

 電動化のソリューションでは、ヴァレオが得意とする電圧が48Vの電動車ソリューションとともに、それらを搭載した48V ライト eシティーカーを展示した。この車両の最高速は100km/h、航続距離は100kmにも及ぶもので、欧州で販売中の超小型EV、シトロエン・アミは、ヴァレオの48Vのソリューションを搭載している。主に都市部向けのモビリティとなるが、日本国内では過疎化が進む地方にも有効としている。

 また、「ヴァレオスマートeDrive」はモーター、インバーター、ギヤボックスまたは減速機を一体にした電動パワートレーンシステム。内部はヴァレオのスマート電動オイルポンプによってオイルを循環させて外部の空冷と組み合わせる自己冷却の機能を備える。出力は48Vの10kWだけでなく、高電圧版では最大60kWを想定しており、小型電動モビリティからハイブリッド車まで対応するとした。

 電動化では熱マネージメントも重要になるが、電動コンプレッサーとして高性能車の冷却要件を満たす45ccタイプをラインアップに追加するなど、各種電動化ソリューションも展示した。

 そのほかでは、ヴァレオはワイパーシステムも手掛けているが、ワイパーブレードに近い位置でウォッシャーを噴射する「AquaBlade」のシステムでは、小さい噴射穴として数を増やし、液体が泡状になる効果で洗浄力を向上させたOEM用製品「AquaBladeナノジェット」を展示。合わせて、AquaBladeを後付けできるアフターマーケット用のキット「後付けアクアブレードスマートウォッシャー」も展示した。

 AquaBladeはウォッシャー液がガラス面以外への飛散を抑えるだけでなく、寒冷地ではウォッシャー液で効率的に霜を溶かすことも可能。アフターマーケットではカー用品ではなく、自動車販売店での装着を想定しているという。

 ヴァレオはそのほか、自動運転のソリューションやドライバーモニタリングシステム、カーシェアやタクシーなどの車室内脱臭ソリューション「オドゥールフリー」を展示した。

 ヴァレオではプレスブリーフィングを開催。ヴァレオジャパン チーフテクノロジーオフィサーの武内稔氏が、今回の展示内容に加えてヴァレオの事業について説明した。

 武内氏は今後も電動化の加速などにより売上はさらに伸びるとしたほか、今回の展示は48Vの電動化が中心だが、グループ内で高電圧の電動化を手掛けるヴァレオ シーメンス eオートモーティブを7月1日以降に統合することで、幅広い電動化に対応するとした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します