サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > ヘンケル、新型ハスラー採用の高減衰制振フォームなど紹介へ…人とくるまのテクノロジー2021

ここから本文です

ヘンケルジャパンは、5月26日から7月30日に開催される「人とくるまのテクノロジー展2021オンライン展示会」に出展。新型ハスラーのルーフ制振材に採用された高減衰フォームなどを紹介する。

ヘンケルはオンラインブースにて、高減衰フォーム、高剛性充填材、構造用接着剤等を中心とした車体向け製品のほか、EVバッテリー、パワートレーン部品・電子電装品用の異種材接着剤やTIM(サーマルインターフェースマテリアル)など熱対策材料も紹介する。

車体向け製品では、新型『ハスラー』のルーフ制振材に採用された「テロソン ハイダンピングフォーム(HDF)」を紹介する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン