サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ジョアン・ミル、王者として迎えた最終戦は消化不良「接触で電子機器にトラブルが出た」|ポルトガルGP

ここから本文です

 2020年シーズンのMotoGP王者であるジョアン・ミル(スズキ)は、最終戦ポルトガルGPをリタイアという、消化不良の形でシーズンを終えた。

 ミルは予選20番手に沈んだが、決勝ではスタートからアグレッシブに攻め、オープニングラップを終えた段階で12番手に浮上した。

■中上貴晶、2020年最終戦は5位「来年はさらに前進し、しっかりと戦いたい」

 しかしミルは、2周目のターン3でヨハン・ザルコ(アビンティア)のリヤに接触したことで再び19番手まで後退してしまった。そして実はオープニングラップの同コーナーで、ミルは多少強引にオーバーテイクを仕掛け、フランチェスコ・バニャイヤ(プラマック)を追い抜いたがその際にも接触があった。

おすすめのニュース

サイトトップへ