サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 施設の排熱を利用した道路融雪システム、実証試験を開始へ

ここから本文です

NEXCO中日本と中部電力は、排熱を利用した融雪システムの新たな実証試験を2021年11月から2022年3月の間、東海北陸道・松ノ木峠パーキングエリア(PA)で実施すると発表した。

本システムは、従来、換気扇から外気に捨てられている建物内の暖房熱を路面下に埋め込んだ空間に直接送り込むことで、歩道を自動的に融雪するもの。一般的に用いられている温水ボイラや電気ヒータを使用する方式と比較して、ランニングコストを最小限に抑えつつ、省エネルギーで融雪することができる。

両社は、2020年11月から高速道路PAの歩道部にて、本システムの改良に向け、実証試験に取り組んでいる。

おすすめのニュース

サイトトップへ