サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産 新型フェアレディZはSUVになる!? ウワサの原因は2015年に発表されたグリップスだった

ここから本文です

日産 新型フェアレディZはSUVになる!? ウワサの原因は2015年に発表されたグリップスだった

まもなく登場予定の日産 新型フェアレディZだが、じつは新型モデルはSUVになるのでは? と噂されたことがあった。その要因となったのが2015年にドイツで開催されたフランクフルトモーターショーでお披露目された日産 グリップス(Gripz)というコンセプトカーがあったから。ご存知の通り新型フェアレディZは歴代モデルと同様にスポーツカーとして発売されるが、なぜそんなウワサが巻き起こったのか? その真相を見ていこう。

ガルウィングドアと車内に注目! 見た目はもはやスポーツカー

この記事の画像ギャラリーを見る(全20枚)

そもそも2015年のフランクフルトモーターショーで発表されたグリップスはご覧の通りSUVモデルである。フェアレディZとは似ても似つかない形であるが、冒頭ウワサはグリップスのコンセプトとカラーリングが最大の要因であった。

当時のニュースリリースを改めて見てみると「コンパクトクロスオーバーの性能と実用性、そしてスポーツカーのワクワク感を兼ね備えた」とある。そう、今流行りのスポーツSUVというワケだ。

そしてその外観はフロントドアがガルウィング式、そして基本は2シーターでリアシートは緊急時用というイメージの2+2シーターを採用しているなど、かなりスポーツカーらしい内容だったのだ。そして超偏平タイヤを履くなど、SUVでありながら見た目はスポーツカーなのだった。

>>

初代フェアレディZのラリーカーにそっくり! その秘密はカラーにあった

そしてもうひとつの要因であるカラーリングだが、かつてのラリーマシンと瓜二つであったのだ。というのも1970年代にフェアレディZはラリーに出場しており、当時のマシンとまったく同じ赤と黒を基調としたカラーリングを採用。当時のマシン240Z ラリーカーを彷彿させる見た目だったのだ。

その後グリップスのデザインモチーフは、スポーツカーテイストのコンパクトSUVというスタイルを継承し、2019年に2代目ジュークとして欧州で発売された。これがコンセプトカーのまんまで、素直にカッコいい!

>>

ただし日本では未発売という残念な状況にある。販売中のキックスとカブるのは理解できるが、こちらを好むユーザーも多いハズ。コンパクトSUVブームの今なら、もう1台投入するのもアリではないだろうか! あるいは新型フェアレディZにグリップスのデザインをモチーフにしたSUVモデルを追加モデルとして投入するなど、今後の展開に期待したい。

【筆者:MOTA編集部】

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します