サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 住友ゴム、白河工場でタイヤ製造に水素活用の実証実験 CO2排出量低減へ

ここから本文です
 住友ゴム工業は、白河工場(福島県白河市)で、タイヤ製造に水素を活用する実証実験を始めると発表した。同工場のメタルコア製造システムと呼ばれる工法に水素ボイラーを導入し、カーボンフリー水素調達も検討するなどタイヤのライフサイクルを通じた二酸化炭素(CO2)排出量を低減につなげる。実証実験期間は8月から2024年2月までで、将来的には同工場全体と国内外の工場への展開を計画する。

 「NEO―T01」というメタルコア製造システムの工程に水素エネルギーを活用する。水素は福島県で製造されたものを使用し、エネルギーの地産地消モデルを構築する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン