サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「ホンダF1にとって思い出の地ブラジルで、良いレースをしたい」田辺TDが意気込み

ここから本文です
 2019年F1第20戦ブラジルGPに向け、ホンダF1テクニカルディレクターである田辺豊治は、ホンダF1にとってインテルラゴスは良い思い出のある場所であり、今年好結果を出すために準備を整えていくと語った。

 ホンダはF1チームとしても、エンジンサプライヤーとしても、ブラジルGPでは何度か表彰台を獲得している。田辺テクニカルディレクターにとって最も印象深いのは、1991年にマクラーレン・ホンダのアイルトン・セナが母国GP初優勝を果たしたレースだという。