サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ジェンソン・バトン、”妊娠中の婚約者との時間”を確保すべく、WECを途中離脱。後任はストフェル・バンドーン

ここから本文です

 ジェンソン・バトンは、婚約者と過ごす時間を確保するため、シーズン途中でWEC(世界耐久選手権)から撤退。後任はストフェル・バンドーンが務めることになった。

 バンドーンはSMPレーシングの11号車のクルーになることが決定。ヴィタリー・ペトロフとミカエル・アレシンがチームメイトとなる。なお姉妹車の17号車のラインアップは変更されていない。

■日産勢の先行を許すも全く動じず、1号車ジェンソン・バトン 「レースが一番重要、自信はある」|スーパーGT

 バトンは婚約者であるブリトニー・ワードと過ごす時間をより多く確保したいという願望を持っている。さらに、SMPレーシングではLMP1クラスでトヨタに挑むことは難しい。これらの理由から、今回のような決断に至ったという。

おすすめのニュース

サイトトップへ