サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産エクストレイルが先進安全装備などの一部仕様を向上。併せて上質なインテリアの新グレードが追加

ここから本文です

日産エクストレイルが先進安全装備などの一部仕様を向上。併せて上質なインテリアの新グレードが追加

1月16日、日産自動車はエクストレイルの一部仕様を向上と、新グレードの追加設定を発表。発売は1月23日より。

運転支援技術プロパイロットの性能も向上
SUV人気の先駆けとなった日産エクストレイルに、先進安全装備の充実を中心とした一部仕様の変更が行われた。

超高速通信“5G”の本格導入がクルマ社会に与える影響とは?【2020 自動車キーワード】

まずは、ミリ波レーダーの新採用。「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」の夜間性能と、運転支援技術「プロパイロット」の性能向上につながるという。

前方を走行する2台先の車両の挙動を検知し、急減速などによる自車との衝突の危険が生じた場合にドライバーに警報で注意を促す「インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)」の標準装備化も行われた。他に、静音タイヤの採用と遮音性を高めることで、静粛性の向上が図られている。

仕様の一部向上に加え、新グレードの追加設定も行われた。シートを始めとしたインテリアに高級感漂うタンレザーを使用した、「20Xi レザーエディション」「20Xi ハイブリッド レザーエディション」の2モデルだ。

<車両価格(税込)>
20Xi(2WD)304万5900円~ハイブリッド レザーエディション(4WD)375万6500円

[ アルバム : 日産エクストレイル はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します