サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダは2025年までが正念場! マツダの100%電動化宣言を成功させる鍵は2022年以降の大型モデルにアリ。

ここから本文です
2021年6月17日にマツダは2022年以降に投入する新型CX-5などの大型モデルの概要を発表した。その中には今後投入するモデルを100%電動化し、まずはマイルルドハイブリッド、そしてプラグインハイブリッドを投入。そしてEVモデルをも市販化するという内容であった。ホンダやボルボが掲げた電動化宣言に比べるとかなり現実的な目標であったが、一体今後のマツダはどのようなビジョンを見据えているのか? 今回はマツダのこれからを分析するとともに、今後の行く末を見ていく。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン