現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【菰田 潔 CDゼミナール】電費をよくする運転術

ここから本文です

【菰田 潔 CDゼミナール】電費をよくする運転術

掲載
【菰田 潔 CDゼミナール】電費をよくする運転術

航続距離を伸ばすのか、電気代を安くするのか。電費の狙いを決める

 欧州委員会では電動化を促進し、エンジンを締め出そうとしている。電気をどこから調達するのか、グリーン電力をどう確保するかはまだ未知数だ。日本では世の中の半分が電気自動車になったら、原発をあと13個作らないと電気が足りなくなるという計算もある。

【最新モデル試乗】毎日の気分が「きゅん」と上がるKカーEV、日産サクラはゲームチェンジャーになる!?

 今年の夏は電気が足りないといわれているが、そんな中でも新型BEVはどんどん市場に出ている。そこでBEVやPHEVを所有したら電費をよくする運転は必須になるだろう。

 これまでICE(内燃機関)のクルマに乗っていて燃費をよくする運転をマスターしていれば、基本的なところはBEVでもPHEVでも共通だと考えていい。

一定速走行

 走行スピードが上がったり下がったり変化させるとロスが出る。アクセルを戻してスピードダウンするときには、ICEは燃料カット、BEV、PHEVはエネルギー回生するからそんなに損はしないと思うかもしれないが、実は下がったスピードをもう一回上げるためにはエネルギーが必要なので、そこでエネルギー回生以上の浪費してしまうからだ。

車間距離

 一定速走行をするためには車間距離を開けなくてはならない。車間距離が短いと先行車のスピード変化をすぐにそのまま反映させる必要があるから、無駄なスピード変化を強いられる。先行車に影響されない程度まで車間距離を空ける。どれくらいが適正かというと、世界中で2秒間が標準になっている。

スピード

 スピードは高くならないようにする。走行抵抗を減らすことが燃費と電費を良くするポイントだが、スピードが高いと空気抵抗が二次曲線で大きくなるから交通の流れを乱さない範囲でスピードを抑える。ICEの場合にはトランスミッションがあるのでギヤ比が高いほうが有利。エンジン回転数が低くなって燃費がよくなるからだ。空気抵抗とのバランスでいうとだいたい80~100km/hくらいだろう

 ほとんどのBEVはギアを持たないのでギア比のことは考えなくてもいいが、空気抵抗は最重要課題だ。70km/hくらいで走れればいいが、最近はボディデザインによってCd値(空気抵抗係数)が小さくなっているから、高速道路では80km/hでも結構いい燃費になるはずだ。

先読み運転

 ICEでもBEVでも自分の目の前のクルマしか見ていないのは論外だ。数台先のクルマまで確認しながらの先読み運転が大事になる。それがエコノミー、エコロジー、セーフティの3つとも満足できる運転になるはずだ。たとえば前方で渋滞が始まっているのがわかったら、また信号が黄色に変わったのが見えたら、すぐにアクセルペダルから足を話す。これで無駄な駆動力を使わなくて済む。

 こうして先読みができれば、ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)で走るより燃費も電費もよくなる。

電気代かレンジか

 電費をよくするというテーマでも、何が目的かによって運転を始める前からの行動が変わってくる。単に電気代の払いを安く済ませたいのか、レンジ(航続距離)を伸ばしたいのかという点だ。

 電気代を安くするなら夜間電力を安く契約するなど、電気のコストダウンをしながら先ほどの電費をよくする走り方を実践してもらいたい。
 レンジを伸ばしたいのであれば、充電中にエアコンを使って車内を最適温度にしておく手がある。クルマのバッテリーを使わずに充電中の電気を使うからレンジに影響がないのがメリット。冬は事前に室内を十分に温めておき、走行中はエアコンを使わずステアリングヒーターとシートヒーターを使った方がバッテリーの消耗は少なく快適に走れる。

 夏はクーラーをばっちり効かせておいて、走り始めたらエアコンのファンはゆるゆると回しておくほうがバッテリーの消費は少ないからレンジが長くなる。

 BEVでもPHEVでも同じだが、あまり極端な電費走行は周囲に迷惑がかかるし、安全上の問題があるから周囲に配慮して実践してもらいたい。

こんな記事も読まれています

【MotoGP】「短い時間しか残されていない」クアルタラロの”離脱”を防げるのか? マルケスのドゥカティ陣営入りで突きつけられるヤマハへの課題
【MotoGP】「短い時間しか残されていない」クアルタラロの”離脱”を防げるのか? マルケスのドゥカティ陣営入りで突きつけられるヤマハへの課題
motorsport.com 日本版
[カーサウンドコンテストって何?]2024年は貴方もぜひ参加を! 年間カレンダーを今からチェック!
[カーサウンドコンテストって何?]2024年は貴方もぜひ参加を! 年間カレンダーを今からチェック!
レスポンス
スーパーGT『ZF Award of the YEAR』はTGR TEAM au TOM’Sのメカニックに。HOPPY team TSUCHIYAには特別賞
スーパーGT『ZF Award of the YEAR』はTGR TEAM au TOM’Sのメカニックに。HOPPY team TSUCHIYAには特別賞
AUTOSPORT web
プリウスの価値と存在意義を高めた…岡本幸一郎【日本カーオブザイヤー2023-2024】
プリウスの価値と存在意義を高めた…岡本幸一郎【日本カーオブザイヤー2023-2024】
レスポンス
ハミルトン、レッドブルRB19は2020年のメルセデスに似た”完璧ぶり”「そのおかげでフェルスタッペンは先頭でチルっている」
ハミルトン、レッドブルRB19は2020年のメルセデスに似た”完璧ぶり”「そのおかげでフェルスタッペンは先頭でチルっている」
motorsport.com 日本版
スズキ新型「スイフト」発表! 美グリル&“斬新”内装がカッコいい!「印象に残る」デザインとは
スズキ新型「スイフト」発表! 美グリル&“斬新”内装がカッコいい!「印象に残る」デザインとは
くるまのニュース
【ホンダ オデッセイ 改良新型】2列目に4ウェイパワーシートを採用…インテリア[詳細画像]
【ホンダ オデッセイ 改良新型】2列目に4ウェイパワーシートを採用…インテリア[詳細画像]
レスポンス
『鈴鹿ってこんなに短かったっけ?』ひさびさのSFドライブに三宅淳詞が驚き。シート獲得に意欲
『鈴鹿ってこんなに短かったっけ?』ひさびさのSFドライブに三宅淳詞が驚き。シート獲得に意欲
AUTOSPORT web
トヨタ新型「ランドクルーザー」欧州で先行販売開始 丸目のファーストエディションは限定の最上位モデル
トヨタ新型「ランドクルーザー」欧州で先行販売開始 丸目のファーストエディションは限定の最上位モデル
VAGUE
フェラーリに間違えられた!? フィアット「バルケッタ」をあるはずないアバルト仕様に! エンジンはアルファ ロメオ!?
フェラーリに間違えられた!? フィアット「バルケッタ」をあるはずないアバルト仕様に! エンジンはアルファ ロメオ!?
Auto Messe Web
冬に備えて! 失敗しない電熱ウェアの選び方と4950円から買えるお勧め製品8選2023
冬に備えて! 失敗しない電熱ウェアの選び方と4950円から買えるお勧め製品8選2023
WEBヤングマシン
編集部おすすめのBMW「中古SUV3選」 X1/X2/X5
編集部おすすめのBMW「中古SUV3選」 X1/X2/X5
グーネット
A110の新グレードも展示!ルノー&アルピーヌ、東京オートサロン 2024の出展概要を発表
A110の新グレードも展示!ルノー&アルピーヌ、東京オートサロン 2024の出展概要を発表
Webモーターマガジン
17歳にして望外のチャンスを得たJuju、スーパーフォーミュラテストをエンジョイ。最終目標のF1に向け「今ある環境をモノにしていく」
17歳にして望外のチャンスを得たJuju、スーパーフォーミュラテストをエンジョイ。最終目標のF1に向け「今ある環境をモノにしていく」
motorsport.com 日本版
デリカミニはどんな人でも楽しめる…伊藤梓【日本カーオブザイヤー2023-2024】
デリカミニはどんな人でも楽しめる…伊藤梓【日本カーオブザイヤー2023-2024】
レスポンス
X1 は期待にしっかりと応えてくれる…石井昌道【日本カーオブザイヤー2023-2024】
X1 は期待にしっかりと応えてくれる…石井昌道【日本カーオブザイヤー2023-2024】
レスポンス
存在しないはずのオープンモデルが3台制作されていた! その価値4億円超えの「フェラーリ512TRスパイダー」
存在しないはずのオープンモデルが3台制作されていた! その価値4億円超えの「フェラーリ512TRスパイダー」
WEB CARTOP
クルマに乗ってスキーに行かない? 高速道路で「ゲレンデリフト券」が当たるキャンペーン開催!
クルマに乗ってスキーに行かない? 高速道路で「ゲレンデリフト券」が当たるキャンペーン開催!
くるくら

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

413.0838.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

350.0370.0万円

中古車を検索
テーマの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

413.0838.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

350.0370.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村