サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ランボルギーニ自らがレストアを手がけた希少車ミウラSVが史上2番目の3.1億円で落札

ここから本文です
2月13日に行われたRMサザビーズ・パリ・オークションにおいて、1971年式「ミウラSV」および1977年式「カウンタックLP400」の2台が記録的なプライスで落札された。

最終的な価格は、シャシーナンバー4840のミウラSVが2,423,750ユーロ(約3.1億円)、シャシーナンバー1120262のカウンタックLP400が775,000ユーロ(約1億円)。なかでもミウラSVは、昨年9月のグッディング・ロンドン・オークションに出品されたモデルに次ぐ、ミウラSVとして過去2番目の高額落札となる。

おすすめのニュース

サイトトップへ