サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル・インプレッサにSTI&ハイブリッドが追加へ!

ここから本文です

スバル・インプレッサにSTI&ハイブリッドが追加へ!

9月17日、スバルは、「インプレッサ」の改良モデルの一部情報を発表した。目玉はSTIグレードとハイブリッドモデルの追加だ!

足まわりを専用チューニング

レクサスRCがアップデートされる! 6年目の進化ポイントは?

2016年10月に登場したインプレッサは、初代から数えて5代目になる。今回の一部改良では、内外装はほぼそのままに、新しいグレードを追加した。

ひとつは、スバルのモータースポーツ部門の「STI(SUBARU TECNICA INTERNATIONAL INC.)」が手がけたスポーツグレード「STIスポーツ」だ。

搭載するエンジンこそ、標準モデルとおなじ2.0リッター水平対向4気筒ガソリンであるものの、足まわりにはSTI独自のチューニングがおこなわれた。フロントダンバーは専用開発のSHOWA製を採用し、路面から伝わる振動の周波数(低周波領域/高周波領域)に応じて減衰力を自動調整するという。リアのダンパーは標準モデルのものに専用チュニーニングを施した。

メディア向けの資料には「コーナーでは、外側がしっかりと踏ん張り、内側はスッと伸びてタイヤが路面をしなやかに捉えることで姿勢を安定させる。またステアリングの切り戻しで発生する左右の揺れを素早く収束。たとえ急な車線変更でも優れた安定性を発揮して、クルマが路面に張り付くような安心感を提供する」と、書いてある。

内外装にはSTIスポーツ専用装備を多数備える。エクステリアは、ダークメタリック塗装の18インチアルミホイールや、ブラックのフロントグリルなど。インテリアには、レッドステッチ入りの本革巻ステアリング・ホイールやインパネまわりのブラック加飾、レッドステッチ入りのフロント&リアドアアームレストなどが備わる。

もう1台は、2.0リッター直列4気筒ガソリン・エンジン+モーターのハイブリッド・システムである「e-BOXER」搭載モデルだ。

詳細なスペックは発表されていないものの、クロスオーバー車の「スバルXV」向けなどとおなじシステムが搭載されていると思われる。

e-BOXER搭載グレードは「2.0e-Lアイサイト」「アドヴァンス」の2種類。前者はe-BOXER搭載のエントリーモデルで、後者は前席の電動調整機構やLEDヘッドランプが追加で備わる豪華版である。

新型インプレッサは本日(9月17日)より先行予約がはじまり、10月8日から販売開始される。

文・稲垣邦康(GQ)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します