サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【真夏のスーパーカー特集12】マセラティ・ボーラは名門が手掛けた大人なスーパーカー

ここから本文です
日本のスーパーカーブーム、その3強といえばフェラーリ、ランボルギーニ、そしてマセラティ。中でもマセラティは戦前から続くスポーツカーの名門と言うこともあり、ライバルに比べやや落ち着いた印象が強かった。そんなマセラティが初めて手掛けたミッドシップ2シーターが「ボーラ(BORA)」だった。(タイトル写真は後期型)

スーパーカー市場に進出した名門のプライド
1919年創業という歴史を誇る名門が初めて製作して、1971年に市販開始したミッドシップカーがボーラだ。その設計はさすがに実績のある一流メーカーだけあり、時流に即した新しい方式を随所に採り入れながらも、手堅くまとめられていた。