サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ヤマハMT-09/SPディテール写真解説【エンジン/フレーム/電子制御:全盛りフルモデルチェンジ】

ここから本文です

ヤマハMT-09/SPディテール写真解説【エンジン/フレーム/電子制御:全盛りフルモデルチェンジ】



2021新型バイク総まとめ:日本車大型ネイキッドクラス【GSX-S1000の電撃刷新でサイバー系が躍進!】



官能トルクの新機軸エンジンでモーターサイクルの世界に旋風を巻き起こしたヤマハMT-09が、さらに魅力を増したユーロ5時代対応の第3世代に進化して登場。ディテール写真を見ながらその特徴を解説する。

エンジンとフレームを刷新。電子制御も進化した



’14年の登場から初となるフルモデルチェンジを果たしたMT-09。エンジンはストロークアップによる排気量43cc増で4psのパワーアップを実現したが、エンジン高は拡大せず、同時に軽量化も果たしている。



フレームも完全新設計で、最新のCFアルミダイキャスト技術によって最低肉厚は1.7mmに。エンジン搭載角を47.5度から52.3度へと立て気味にし、コンパクト化とディメンションの最適化を行なった。



また、鍛造並みの強度と靭性のバランスを実現したスピンフォージド鋳造ホイールを採用。電子制御はバンク角連動のトラクションコントロール、旋回をサポートするスライドコントロール、ウイリー抑止のリフトコントロールを盛り込み、それぞれ調整とON/OFF設定が可能だ。



――



◆MT-09の特徴



ストロークアップした新型エンジン
鍛造並みの強度を誇る軽量ホイール
五感を刺激するエンジンチューニング
各種電子制御はもちろん完備
SPはクルーズコントロール装備


―― 【YAMAHA MT-09】エンジンとフレームを刷新した、ヤマハを代表する3気筒ネイキッドスポーツ。先代比で約4kgの軽量化を果たし、電制も充実した。●色:灰 青 暗灰 ●価格:110万円

―― [左]バイファンクションLEDのモノアイを採用し、独特な小顔でタンクやエンジンまわりの抑揚が際立つ。タイヤはBSのS22だ。[右]ナンバープレートホルダーはスイングアームから一般的なシートレールマウント に。細身のウインカーなど灯火類はフルLEDだ。

―― 【排気量向上と慣性マスを増量しながら1.7kg軽量化を達成】ユーロ5適合となったエンジンは3mmのストロークアップにより888ccに。最高出力4ps、最大トルク0.6kg-mを上乗せしつつ低中速トルクを太らせた。ギヤ比は1/2速をロング化。

―― 軽量CFダイキャスト製フレームと新シートレールは2.3kgの軽量化を達成。ニーグリップ部の絞り込みはお見事!

―― 左右シンメトリーのサイレンサーは1.5段膨張室を採用。排気口は下向きで、路面からの音の反射を含めたサウンド設計を実施。

―― STDは前後にKYB製アジャスタブルサスペンションを採用。フロントブレーキにはラジアルマウントのモノブロックキャリパーを奢る。

―― 鍛造ホイールに匹敵する強度と靭性のバランスを達成したスピンフォージド鋳造ホイールを採用。先代比では前後で約700g軽くなった。

―― バイファンクションLEDは1灯でHi/Lo切り替え可能。ヤマハのYをモチーフにしたポジションランプを備え、極端なまでに小顔。

―― MT-09もハンドル位置とステップ位置を2段階に調整可能。ラジアルマスターシリンダーやテーパーバーの採用はトレーサーと同様。

―― ETCインジケーター機能付きのコンパクトなフルカラーTFT3.5インチメーター。シンプルなコックピットで視界は広々。

―― 燃料タンク容量は14Lで、WMTCモード燃費はトレーサーと同じく20.4km/L。計算上の航続距離は285kmほどになる。

―― モタードを思わせるダブルシートは初代からの特徴。こちらは調整機能なしだが、スリムなため足着き性はトレーサーに勝る。

―― 薄型シートに合わせたLEDテールランプは、トレーサーと異なる“Yモチーフ”の独自デザイン。細身のウインカーは共通デザインだ。

上級バージョンのSPは足まわりを強化



―― 【YAMAHA MT-09SP】●色:黒 ●価格:126万5000円

―― サスペンションは前後とも専用で、倒立フォークはDLCコートしたKYB製。リヤはオーリンズ製だ。

―― 仕上げに凝りまくったバフ&クリア塗装のスイングアーム。グッとレーシーな雰囲気に仕上がっている。

―― 塗り分け塗装のタンクはセンターにシルバーを配し、フラッグシップモデルのYZF-R1Mイメージに。

―― シートはダブルステッチを施した専用表皮を採用。スエード調のしっとりした触感だ。

※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します