サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 角田裕毅、Q1の接触と赤旗を悔やむ「2台がQ3へ行けるポテンシャルがあった……残念」|F1モナコGP

ここから本文です

 F1第7戦モナコGPで、アルファタウリの角田裕毅は予選11番手を獲得。彼はQ1でバリアとの接触があったことでチャンスを失った部分があると悔しさを口にした。

 角田は予選Q1の終盤、ヌーベルシケインのウォールに左フロントタイヤをヒット。この時は自走でピットまで戻ることができたが、赤旗中断の原因となってしまった。

■ルクレール、母国初優勝に向けた1番時計。PP争いは呆気ない幕切れに……角田裕毅11番手|F1第7戦モナコGP 予選

 残り時間が少なくなる中、角田は9番手タイムでQ1を通過することに成功。続くQ2では11番手タイムで、惜しくもQ3進出は逃す形で予選を終えた。

 角田は予選後、ウォールとの接触がパフォーマンスに影響を与えたと思うとコメント。

おすすめのニュース

サイトトップへ