サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 巨大市場の中国ではやっぱりEVが主役! 遅れをとっている感が拭えない日本メーカーへの不安

ここから本文です

 目立つ位置に展示されていたモデルにトヨタマークがなく……

 第17回広州国際汽車展覧会(広州ショー)の広州豊田ブースへ行くと、見慣れないモデルが展示してあった。その名は“iA5”、セダンタイプのBEV(純電気自動車)である。しかし、「どこかで見たことあるなあ」と、隣の広州汽車ブースを見ると、見た目もよく似ている“Aion S”というモデルが展示してあった。

【5分でわかる】複雑な中国の自動車メーカー事情

 地元の報道を見ると、「見た目は多少異なるものの、iA5は広汽新能源のAion Sの兄弟車となる」というような感じで報道していた。

おすすめのニュース

サイトトップへ