サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1データ主義】代役に乗り替わり、シーズン途中の初レース成績を比較。ヒュルケンベルグの決勝に光明

ここから本文です
 F1第4戦イギリスGPでは、新型コロナウイルスで陽性反応が出たセルジオ・ペレスに代わってレーシング・ポイントからニコ・ヒュルケンベルグが急きょ代役として出走した。

 いきなり競争力のあるレーシング・ポイントに乗ったヒュルケンベルグが予選でどんな走りを披露するのか楽しみだったが、結果は予選13番手に終わった。チームメートのランス・ストロールが6番手だったから、もう少し上位を期待していたファンも多かったと思うが、じつはテン乗り(そのマシンに初めて乗ること)でのレースというのは、私たちが想像しているよりも難しい。

おすすめのニュース

サイトトップへ