サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 過去には「32億円」の損害賠償もある「物損事故」の恐怖! 自動車保険の対人対物「無制限」は必須だった

ここから本文です

 損害賠償額が億を超えるような事故も起きている

 自動車保険の対物賠償保険、今では補償額=無制限に加入している人が大半だ。保険会社でも基本的に対人・対物は無制限を勧めているはず。

【マナーが悪いだけじゃない】じつは道交法違反のクルマの運転6選

 というのも、損害賠償額が億を超えるような事故が実際に起きているからだ。

 もっとも高額なケースは、2008年に首都高速道路でタンクローリーが横転して火災が発生した事故で、道路高架部分の掛替費用(約17億円)と、 2 カ月あまりの通行止めによる通行料金の営業損失を合わせ、32億8900万円の支払いを東京地裁が命じている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン