サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW の軽量仕様「CSL」、20年ぶりに復活… M4 新型ベースで

ここから本文です

BMWは5月20日、『M4 CSL』を欧州で発表した。新型『M4クーペ』をベースに、軽量化を図るなどしたさらなる高性能モデルで、世界限定1000台を生産する予定だ。

◆レーシングカーのノウハウを生かして軽量化
「CSL」とは、「Coupe(またはCompetition) Sport Lightweigh」の略。BMW Mの2ドアクーペの頂点に位置するモデルだ。CSLが用意されたのは、2004年の『M3 CSLクーペ』が最後だった。M4 CSLは、およそ20年ぶりのCSL復活となる。

M4 CSLでは、レーシングカーのノウハウを生かして、軽量化に取り組んだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン