サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フェラーリ最後の自然吸気V12モデル!? 争奪戦間違いなしのリミテッドエディション登場

ここから本文です

フェラーリ最後の自然吸気V12モデル!? 争奪戦間違いなしのリミテッドエディション登場

■「812」シリーズの最終進化形か!?

 2021年4月21日、ワールドプレミアに先立って、フェラーリの最新リミテッド・エディション・スペシャルシリーズの公式写真が公開された。

【画像】V12自然吸気エンジン搭載の最終進化形!? 「812スーパーファスト」リミテッド・エディションを見る(14枚)

 ワールドプレミアは、5月5日21:30(日本時間)にフェラーリのSNSチャンネルでライブ配信され、正式名称をはじめとする詳細な情報が発表される予定だ。

●見た目は超スパルタン!

 かねてより「812スーパーファスト」のスペチアーレ的なモデルで、「F12」から続くシリーズのファイナルを飾るリミテッドモデルの登場が噂されていたが、ようやくその姿が公になった。

 公開されたオフィシャル写真を見ると、徹底的なエアロダイナミクスの研究によってボディラインが大きく変わったことが分かる。

 エアロダイナミクスのエンジニアは、フェラーリ・スタイリング・センターと密接に連携して、公道仕様の車両には前例のないシルエットを持つ過激なフォルムをソリューションとして採用した。今回ダウンフォースレベルを最大化するため、車両全体のエアロダイナミクスを再設計することになった。

 新しいフロント・エアインテークやリアのディフューザー、エグゾーストの構成はもちろんのこと、新たにボルテックス・ジェネレーターを装着した特許取得のリアスクリーンのデザインまで、あらゆる変更点が、「形状は常に機能に従わなければならない」というフェラーリの理念を忠実に守った結果である。

 この新スペシャルシリーズは完全に独立した強い個性を持ち、ベースとなった812スーパーファストとは明確に差別化されているのが分かる。

 もっとも特徴的なのが、リアスクリーンをガラスではなく一体成形のアルミニウム構造としたことだ。ここに装備するボルテックス・ジェネレーターには、車体の空力効率を高める働きがあるが、それだけでなく、ルーフと完全に一体となるデザイン・ソリューションを選んだことで、車両の彫刻的フォルムがより一層強調されることとなった。

 さらに特徴的なのが、ボンネットを横切るカーボンファイバー製ブレードである。このブレードとアルミニウム製リアスクリーンによって、全体的な印象が大幅に変化した。

 カーボンファイバー製ブレードは、ボンネットを短く見せるとともに車幅を強調する役割もある。また、アルミニウム製リアスクリーンは、テールをより力強いファストバックに見せている。

 こうしたことにより、シルエットやプロポーション、フォーマルなバランスは812スーパーファストと共有しながらも、よりコンパクトなコンペティション・カーのような印象が強まっているのだ。

 ダッグテール形状のリアスポイラーは位置が高くなったことに加えて、リアフェンダーから回り込むようなデザインとすることで、テールが非常にワイドで力強く見えるようになった。

■最後の自然吸気のV型12気筒エンジンとなるかもしれない

 インテリアのアーキテクチャーは812スーパーファストを強く反映しており、メインとなるダッシュボードのほか、ドアパネルのインターフェースやボリュームなどには変更はない。

 ただし、インテリアのほかの要素と共に、ドアパネルは軽量化のために再設計されている。

 コックピットでの現在分かるトピックとしては、ギアチェンジする際の円形のボタンが、「ローマ」で採用されたHゲートのテーマが導入されたことだろう。

●名前はまだない、しかし人気は確実

 フロントミッドに搭載されるエンジンは、もちろん自然吸気のV型12気筒である。

 最高出力830ps、最高回転数9500rpmは、フェラーリのどのロードカーよりも高い数値となっている。それは、最先端の素材を使用したほか、エンジンの主要コンポーネントの多くを再設計し、新バルブ・タイミング・メカニズムと新排気システムを採用した結果である。

 さらに特徴的なソリューションは、「F12ベルリネッタtdf」でも採用された四輪操舵の採用だろう。これによってコーナリング時の敏捷性や正確性が向上するとともに、ステアリング操作に対する比類ない応答性を実現した。また、ビークル・ダイナミクス・システムの「サイドスリップ・コントロール」はバージョン7.0に進化している。

 もうひとつ、エンジニアリング上の特筆すべき点は、車両重量を削減するためにおこなわれた数々の施策である。特に、エクステリアとコックピットにカーボンファイバーを多用して軽量化が図られている。

* * *

 812スーパーファストをベースとしたリミテッド・エディションは、フェラリスタの間ではすでに高い注目を集めている。その理由は、V12自然吸気エンジンだけをパワーソースとする最後の市販モデルになるかもしれないからだ。

 これはちょうどV8自然吸気エンジンだけをパワーソースとする最後のモデル「458スペチアーレ」の時と同じである。次期モデルとなる「488GTB」がV8ターボとなり、それ以降のV8モデルがターボ化されたため、「458スペチアーレ」はいまなお高い評価と人気を維持している。

 ともあれ、今回のリミテッド・エディションの名前がどうなるかを予想しながら、5月5日を楽しみに待とうではないか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します