サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アルプスアルパイン、アプリを高音質・高画質で再生可能な「フローティングビッグDA」12月下旬に投入

ここから本文です
 アルプスアルパインと子会社のアルパインマーケティング(石田宗樹社長、東京都大田区)は、スマートフォン(スマホ)アプリを高音質・高画質で再生できるディスプレーオーディオ「フローティングビッグDA」を12月下旬から順次発売する。スマホ中心のライフスタイルに変化したことを受け、アプリケーション連動が主軸の車載機器で新たなニーズの獲得を狙う。

 「アップルカープレイ」と「アンドロイドオート」に対応。独自開発のフルデジタルパワーアンプや低音ノイズを減らす高音質回路などを採用し、高級ピアノのような音色を目指した。音楽ストリーミングサービスの利用を想定し、ハイレゾ音源の再生にも対応する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン