サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 高級カーシェア運営会社4社、破産を申請…今夏以降は個人オーナーへの配当も停止

ここから本文です
東京商工リサーチによると、高級カーシェアサービス「スカイカーシェア」を運営するSERIASと関連3社は11月20日、東京地裁に破産を申請した。負債は現在調査中、債権者数はSERAISのみで約400名。

SERIASは、グループで高級車専門のカーシェアリングマッチングサービス「スカイカーシェア」を手掛けていた。スカイカーシェアは高級外車や高価格帯の国産車を主体に個人間で車をシェアするサービスを提供。「わ」ナンバーでないことを特徴にセールスを展開し、投資家向けに各地で勧誘セミナーなどを開催し、車両提供を提案していた。

おすすめのニュース

サイトトップへ