サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 排ガス規制強化のなかマツダが投じた野心作! 初代「サバンナRX-7」を振り返る

ここから本文です
■厳しい排ガス規制のなかマツダ「サバンナRX-7」が登場! どんなクルマだったのか振り返ります。

 マツダ初代「サバンナRX-7」は、1971年から1978年まで生産されたサバンナ(輸出名RX-3)の後継モデルとして登場。
 
 世界で唯一マツダが量産化に成功したロータリーエンジンの軽量小型の特徴を生かして誕生した「コスモスポーツ」のコンセプトを受け継ぐかたちで、低重心によって運動性を高めたスポーツカーとして開発されました。

おすすめのニュース

サイトトップへ