サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > DTMが新たなGT4シリーズ『DTMトロフィー』を創設。2020年から開催へ

ここから本文です

DTMが新たなGT4シリーズ『DTMトロフィー』を創設。2020年から開催へ

DTMが新たなGT4シリーズ『DTMトロフィー』を創設。2020年から開催へ

 DTMドイツ・ツーリングカー選手権を運営するITR.e.Vは10月31日、シリーズのサポートレースとして、新たにFIA-GT4カーを対象にした新たなチャンピオンシップを立ち上げると発表し、そのシリーズ名称が『DTMトロフィー』となることをアナウンスした。

 DTMトロフィーと名付けられた新シリーズは、全10ラウンドで争われるDTMの2020年レースカレンダーのうち、第3大会イゴラ・ドライブと第5大会モンツァ、第7大会ブランズハッチを除く都合7大会で開催される。これらの週末で、新シリーズは2回のフリープラクティスと20分の予選セッション、30分間の決勝レースが2回行われる予定だ。

GRスープラGT4、2020年3月から欧州で販売開始、価格は約2115万円。日本・アジア展開は2020年11月

 レースの対象車は前述のとおりFIA-GT4カーとなるが、ブランパンGTシリーズなどの運営団体であるSROモータースポーツ・グループのBoP(バランス・オブ・パフォーマンス)とは独立した、ITR独自のパフォーマンス・バランスが取られるという。このためDTM発の新シリーズは、2019年にSROによって設立されたGT4シリーズ『ADAC GT4ドイツ』の直接的なライバルとなることが予想される。

 なお、現在DTMに参戦しているアウディとBMW、アストンマーティンの3メーカーはいずれもGT4車両を有しており当然、同シリーズに参加することができるが、DTMトロフィーは上記3メーカーのクルマに限らずGT4規定車であれば、どの車両でも出場可能だ。

 ITRのマネージング・ディレクターを務めるアヒム・コストロンは「DTMトロフィーは、意欲的な若いドライバーと経験豊富なプロフェッショナルドライバー、どちらにとっても魅力的なパッケージであるように努力している」と述べた。

「車両パフォーマンスの近いGTカーでレースが行われるGT4は、世界中のさまざまな魅力的な自動車メーカーのよって支持されているカテゴリーだ。それを用いるDTMトロフィーはファンと競技者が一度に楽しめる素晴らしいシリーズになることだろう」

 2020年から開始となる新シリーズには3つのチャンピオンシップが設定され、ひとつはドライバーズタイトル。もうひとつはチームタイトル。最後のひとつは1998年以降に生まれた若手ドライバーが対象だ。

 参戦条件については国際D以上のライセンスを持つ者とされ、登録期間は11月6日から2020年3月11日までとなっている。エントリー費はゾルダー、ラウジッツリンク、アンデルストープ、ノリスリンク、TTアッセン、ニュルブルクリンク、ホッケンハイムの全戦分で2万7000ユーロ(約325万円)だ。

■DTMトロフィー 2020年レーススケジュール
RoundDateCircuit14月24~26日ゾルダー(ベルギー)25月15~17日ラウジッツリンク(ドイツ)36月12~14日アンデルストープ(スウェーデン)47月10~12日ノリスリンク(ドイツ)59月4~6日TTアッセン(オランダ)69月11~13日ニュルブルクリンク(ドイツ)710月2~4日ホッケンハイム(ドイツ)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します