サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > タイヤ管理とペレスの猛追。アルピーヌF1、アロンソの3位獲得に向け終盤は「緊迫していた」と振り返る

ここから本文です
 アルピーヌF1チームのエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、チームはF1第20戦カタールGPの“緊迫した”最後の数周に耐えていたと述べている。チームはタイヤが磨耗するなかでフェルナンド・アロンソの3位フィニッシュを案じていた。

 カタールGPの終盤では、左フロントタイヤの不具合がバルテリ・ボッタス(メルセデス)、ランド・ノリス(マクラーレン)、およびウイリアムズのふたりのドライバーに影響を及ぼしていたことが目を引いた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ