サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レーシングポイントF1への“甘すぎる”処分に不満噴出。フェラーリ、マクラーレン、ルノーが控訴の意向示す

ここから本文です
 レーシングポイントの2020年型マシンRP20のブレーキダクトに関して規則違反があったとしてルノーが抗議を提出、それに対し、FIAスチュワードは、ルノーの主張を認め、レーシングポイントにペナルティを科すことを決めた。しかしそのFIAの裁定に不満を持つフェラーリ、マクラーレン、ルノーが控訴の意志を示した。

 2020年からブレーキダクトはチーム自身が製造しなければならない“リステッドパーツ”に加えられた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン