サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA会長、ベッテルのF1残留を願う「彼を獲得するチームはラッキー」

ここから本文です

 FIA会長のジャン・トッドは、いかなるチームであっても、セバスチャン・ベッテルを獲得できるのならば、それを幸運と捉えるべきだと語った。

 ベッテルは2020シーズン末にフェラーリを去ることになる。チームには2015年から在籍し、現在まで14回の優勝をもたらしたものの、フェラーリでの世界タイトル獲得という目標は今のところ達成していない。

メルセデスF1のシート喪失を恐れるボッタス、ルノーとの交渉をスタートか

 今年のF1は新型コロナウイルス感染拡大により、最初の10戦が延期あるいは中止となっている。7月初旬から短縮されたシーズンとして実施される予定であり、ベッテルが究極の夢を叶えるチャンスは今やそこにしか残されていない。

おすすめのニュース

サイトトップへ