サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > オコン「正しい判断を下せず。ドライタイヤでコースに留まるのは危険だった」:アルピーヌ F1第15戦決勝

ここから本文です

 2021年F1第15戦ロシアGPの決勝レースが行われ、アルピーヌのエステバン・オコンは14位でレースを終えた。

■アルピーヌF1チーム
エステバン・オコン 決勝=14位
 僕にとっては、あまりいいレースではなかったし、週末全体を通じてペースが良くなかった。言うまでもなく、ポイントを獲得できなくて残念だ。終盤に突然ウェットコンディションになり、そのチャンスはあっただけにね。僕らはそこで正しい判断ができず、ドライタイヤでコースにとどまるのは、あまりにもリスキーだった。

アロンソ6位「終盤は運に左右される展開に。表彰台を獲得してもおかしくなかった」アルピーヌ/F1第15戦決勝

 こんなふうに早く忘れたいレースも時にはあるものだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ