サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 人気車はやっぱりデザイン!? クーペよりも超絶カッコイイSUV3選

ここから本文です

人気車はやっぱりデザイン!? クーペよりも超絶カッコイイSUV3選

■うっとりするほど美しいSUVとは

 現在、日本だけでなく世界的に人気沸騰中のクルマといえばSUVです。トヨタ「ライズ」やダイハツ「ロッキー」のようなコンパクトモデルから、全長5m、全幅2mで、あらゆる装備を満載した大型高級モデルまで豊富なバリエーションがあります。

日産新型「ムラーノ」発表! 特徴的な顔をスタイリッシュにガラリと一新

 かつてのRVブームのころ、クロスカントリー4WD車が流行しましたが、近年は乗用車の延長線上にあるクロスオーバータイプが主流となっており、スタイリッシュなモデルも存在。

 そこで、現行モデルのなかから、とくに美しいデザインのSUV3車種をピックアップして紹介します。

●ランボルギーニ「ウルス」

 2012年にランボルギーニ製SUVがコンセプトカーとして発表され、世界中のセレブから市販化が待ち望まれていましたが、6年後の2018年、ついにランボルギーニ「ウルス」がデビュー。

 ランボルギーニは1986年から1992年まで「LM002」という、「カウンタック」用のV型12気筒エンジンをフロントに搭載する、本格的なクロスカントリー4WD車を販売していました。

 しかし、当時ランボルギーニといえば、真のスーパーカーメーカーだったため、LM002の知名度は低く、生産台数も約300台と極少数に終わっています。それから26年の歳月を経てウルスが発売され、ランボルギーニ製SUVが復活します。

 外観デザインはワイド&ローの流麗な4ドアクーペを思わせ、内装は同社のフラッグシップである「アヴェンタドール」を彷彿とさせるデザインとなっています。

 ウルスに搭載されるエンジンは4リッターV型8気筒ツインターボのみで、最高出力650馬力を発揮。最高速度305km/h、車重2.2トンながら0-100km/hの加速は3.6秒と、ランボルギーニのラインナップに相応しい、まさにスーパーSUVです。

 走行モードの切り替えで雪上や不整地、砂漠といった悪路走破性が高いとアピールしていますが、やはりオンロードでの走りこそウルスの真骨頂であることは間違いないでしょう。

●ランドローバー「レンジローバーヴェラール」

 イギリスのクロスカントリー4WD車の老舗であるランドローバーは、最新のSUVにも独自のスタンスを貫いています。

 そのランドローバーがラインナップする「レンジローバーシリーズ」のなかでも「レンジローバーヴェラール」は異質なミドルレンジのSUVです。

 外観デザインのイメージはレンジローバーの作法に準じていますが、キャビンを上から圧縮したような、ほかのレンジローバーに比べ、明らかに低いフォルムとなっています。

 クーペスタイルというよりも、美しいステーションワゴンといっていいでしょう。

 エンジンは2リッター直列4気筒ディーゼル、2リッター直列4気筒ガソリンが2種類、3リッターV型6気筒ガソリン、そして最高峰に位置するのが最高出力550馬力を誇る5リッターV型8気筒スーパーチャージャーで、5種類のパワーユニットから選択できます。

 また、前述にあるとおり、ランドローバー車に共通するコンセプトとしては、高級SUVでありながらもオフロード性能を追求しているところです。レンジローバーヴェラールも例外ではなく、最大渡河水深650mm(電子制御サスペンション搭載車)と、タイヤが完全に水に浸かるくらいまでの深さを走ることを想定しています。

■ジャガーの電動SUVはクーペを超えた!?

●ジャガー「Iペイス」

 ジャガー初となる電気自動車「Iペイス」はSUVとして発表され、2018年には日本でも受注が開始されました。

 外観のデザインは、同社のSUV「Fペイス」や「Eペイス」よりも低くワイドで流麗なフォルムとなっており、SUVというよりも5ドアハッチバッククーペに近いイメージです。

 Iペイスは車体の前後にふたつのモーターを搭載した4WDで、最高出力400馬力/最大トルク696Nmを誇ります。2.2トン強の車重ながら、0-100km/h加速は4.8秒、最高速度は200km/hと、かなりの俊足ぶりを発揮。

 90kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載し、航続距離は1回のフル充電で438km(WLTCモード)と公表されていますから、日常での使用にも十分な性能です。

 また、スポーティさをアピールするためにIペイスをベースとしたワンメイクレースを開催しており、世界の各都市を巡り、全10戦が繰り広げられています。

※ ※ ※

 近年はSUVだけではなく、セダンやステーションワゴンも、クーペのようなデザインを取り入れています。

 その多くはプレミアムなモデルですが、徐々にスタンダードなクラスでもスタイリッシュに変貌してきました。

 SUVはSUVらしく、セダンはセダンらしくという考えは古いのかもしれませんが、逆に王道をいくようなデザインが、いまなら新鮮かもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します