サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > サンデンHD、事業再生ADRを申請---新型コロナ影響で受注減

ここから本文です
自動車部品メーカーのサンデンホールディングスは6月30日、業績悪化に伴って私的整理の一種である特定認証紛争解決手続(事業再生ADR)を申請したと発表した。

同社では、自動車機器事業への経営資源集中を加速させるなど、持続的成長を達成するための施策を積極的に推進してきた。しかし、2019年後半以降、自動車機器事業で、欧州、中国市場を中心に車両販売が減少したことに加え、2020年に入って新型コロナウイルス感染拡大の影響で、中国、欧州、アジアを中心に、同社グループ主要工場の休業が発生した。これに伴って業績が悪化している。2020年3月期連結業績は営業損益が34億円の赤字に転落した。

おすすめのニュース

サイトトップへ