サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 各F1チームで解釈分かれる新規則のフロア。”Z字型”が2021年のトレンドになる?

ここから本文です
 2021年のF1は空力レギュレーションが変更され、ダウンフォース量の10%削減が目指されている。そのうちのひとつが、フロア面積の縮小だ。各チームはここで失われたダウンフォースを取り戻すために様々な工夫をこらしているが、チームの考え方は大きくふたつの方向性に分かれているようだ。

 フェラーリやアルファロメオ、ハース、マクラーレン、ウイリアムズはレギュレーションで定められた通り、フロアの後ろ半分がリヤに向かって徐々に細くなっている。昨年までと比べるとリヤタイヤ前のセクションが三角形に切り欠かれている形だ。また、フロアの端には気流を整えるためのパーツはあまり置かれていない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン