サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コンパクト×ハイパワーエンジンがシビレた!三菱 ランサーエボリューション I~III【MOTA写真館】

ここから本文です

コンパクト×ハイパワーエンジンがシビレた!三菱 ランサーエボリューション I~III【MOTA写真館】

世界ラリー選手権(WRC)参戦のため、ホモロゲーションを取得する目的で限定生産された三菱 ランサーエボリューション、通称ランエボ。コンパクトな車体にハイパワーな2000ccターボエンジンを搭載し、同カテゴリーのライバルであるスバル インプレッサとともに、毎年の改良とパワーアップが行われていた。

「スポーツセダンの最高位へ」初代ランエボ

STAY HOMEはクルマ漫画三昧!「湾岸ミッドナイト」をイッキ読み!

初代ランサーエボリューションは、WRCで勝つため、小型セダンであるランサーにギャラン VR-4に採用されていた2000ccターボエンジン(4G63型)を搭載し1992年にデビューした。

大々的に広告を打ち出すことはなかったものの、予定台数の2500台はたった3日で完売。急遽、追加販売が決定し最終的に7500台が販売された。競技ベース車両のRSは1170kgのボディに250馬力のエンジンが搭載され、当時の一般販売車両として異例のパワーウェイトレシオ(4.8 kg/ps 以下)を実現。この数値はGT-R(BNR32)を上回る数値であった。

スペックや価格

■全長×全幅×全高:4,310mm×1,695mm×1,395mm

■エンジン:直列4気筒 2000cc DOHC ターボ 4G63型

■最高出力:250馬力/6000rpm

■最大トルク:31.5kgm/3000rpm

■トランスミッション:5速MT

■駆動方式:四輪駆動

■車両重量

・RS:1170kg

・GSR:1249kg

■価格:220万8000円~273万8000円

「またも、最強へと進化をとげた。」ランエボ II

1994年に発売されたランサーエボリューション IIは、初代のランサーエボリューションを大幅に改良し、外観こそ大きな変更はないものの、走りに磨きをかけた。

時間をかけて走行テストを繰り返し、足回りをメンバーごと変更。鍛造アルミロアアームの採用に加え、ホイールベース・トレッドを拡大した。

さらに、ボディ剛性を向上させ、ミッションのローギアード化、機械式LSDをリアに採用、タイヤサイズを195/55R15から205/60R15にアップ。エンジンの改良も行われ、出力は10馬力アップの260馬力となった。

スペックや価格

■全長×全幅×全高:4,310mm×1,695mm×1,420mm

■エンジン:直列4気筒 2000cc DOHC ターボ 4G63型

■最高出力:260馬力/6000rpm

■最大トルク:31.5kgm/3000rpm

■トランスミッション:5速MT

■駆動方式:四輪駆動

■車両重量

・RS:1180kg

・GSR:1250kg

■価格:230万8000円~289万8000円

「進化は、とまらない。」ランエボ III

1995年に登場したランエボ IIIは、基本のボディ構造に変更はなく、エンジンの冷却性能アップと空力性能の向上を目的に開発された。

ランエボの特徴である大型のリアウイングと開口部の大きいフロントバンパーは、ランエボ IIIから装備。また、エンジンの改良が行われ、ランサーエボリューション IIよりも10馬力アップの270馬力まで出力を向上させている。

スペックや価格

■全長×全幅×全高:4,310mm×1,695mm×1,420mm

■エンジン:直列4気筒 2000cc DOHC ターボ 4G63型

■最高出力:270馬力/6250rpm

■最大トルク:31.5kgm/3000rpm

■トランスミッション:5速MT

■駆動方式:四輪駆動

■車両重量

・RS:1190kg

・GSR:1260kg

■価格:237万8000円~296万8000円

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します