サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【SUPER GT 第8戦】ENEOS X PRIME GR Supraがポールポジションを獲得…STANLEY NSX-GTが2番手でタイトルに王手

ここから本文です
静岡県・富士スピードウェイで27日、今シーズンの最終戦となるSUPER GT第8戦の公式予選が行われ、GT500クラスは#14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/山下健太)が、GT300クラスは#61 SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)がポールポジションを獲得した。

2年連続で最終戦の舞台となった富士スピードウェイ。2020年のGT500クラスタイトル争いは、残り数100mで逆転チャンピオン決定という劇的な幕切れだった。2021年もタイトル争いは激戦。6チームのドライバーがチャンピオンの権利を持って最終戦を迎えた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ