現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 工夫の塊[新型スイフト]はちょっと不便!? 正常進化も[リアに室内灯なし]!! トラウマになってるクルマって?

ここから本文です

工夫の塊[新型スイフト]はちょっと不便!? 正常進化も[リアに室内灯なし]!! トラウマになってるクルマって?

掲載 31
工夫の塊[新型スイフト]はちょっと不便!? 正常進化も[リアに室内灯なし]!! トラウマになってるクルマって?

 2023年12月に5代目へとモデルチェンジをはたしたスズキ スイフト。クルマ好きにこそ愛されるクルマとしてその名を轟かせているが、新型開発にあたっては若者や女性からの支持を増やしたいという思いがあったらしい。新型スイフトに試乗したテリー伊藤はどのような感想を抱くのか!?

※本稿は2024年5月のものです
文:テリー伊藤/写真/西尾タクト
初出:『ベストカー』2024年6月10日号

工夫の塊[新型スイフト]はちょっと不便!? 正常進化も[リアに室内灯なし]!! トラウマになってるクルマって?

■よく言えば「正常進化」だが……

2023年12月に登場した5代目スズキ スイフト。MTでもラクに運転できる。ISGの効果で発進トルクに余裕があるのもいい

 これが5代目だという新型スイフトである。

 スイフトは玄人好みというか、クルマをよく知っている人にウケのいいコンパクトカーで、逆に言えば、普通の人にはよさが伝わりにくい面がある。

 今回、新型スイフトを作るにあたって、開発陣は若者や女性からの支持を増やしたいという思いがあったらしいが、その目標は達成できたのか? そこを気にして乗ることにした。

 試乗車は1.2Lの5速マニュアルミッション。これだけでマニア受け確定である(笑)。MT車を運転できる若者、女性はかなり限られそうだ。

 もちろん、CVT車もあるから問題はないのだが、MTで喜ばれること自体が玄人受けのままである証し。

 世の中にはMTに慣れ親しんだ高齢者もいて、そういう人たちのために用意している理由もあるらしいのだが、それよりもMTマニアのための仕様というイメージが先立つ。やはりスイフトというのはそういうクルマなのだ。

 乗り味はとても軽い。クラッチペダルもシフトもとても軽く、MTでも運転はラク。まったく気を使うことなく走らせられる。

 逆にそれだけに、これがCVTだったとしたら、走りの印象がまったく残らないのではないか? と思ってしまった。それくらい、なんの苦もなく走らせられるのだ。

 もしかしたら、この点はクルマにそれほど関心のない若者や女性にはいいところかもしれない。そういう人たちはなるべく運転のストレスから逃れたいと思っているはずで、気を使わないで運転できるのはありがたいだろう。

 いわば「無味無臭」。それがいいことかどうかはわからないが、そんなフレーズが思い浮かんだ。

■イグニスのトラウマなのか?

5MTがあるのはハイブリッドMXだけ。クラッチはかなり軽い

 最近の軽自動車は至れり尽くせりで「工夫の鬼」のようなクルマになっているが、スイフトはそこまでではない印象だ。かゆいところに手が届く軽自動車に対して、スイフトはわりと「普通に」作られている。

 気になったのはリアシートで、エアコンの吹き出し口、フロントシート後ろのポケット、それに室内灯のすべてがない。あまりにも省略しすぎ。それでいくらかは安くできるのだろうが、端的にいって「不便」だ。もう少しユーザーの使い勝手を考えるべきではないか。

 軽自動車で見せるサービス精神が、なぜかスイフトではグンと下がる。少し前までは、軽自動車を買いに行った人が「値段が変わらない(あるいは安い)なら……」と購入車をスイフトに変えるというケースがそこそこあったというが、この作りでは、軽自動車からお客さんを奪うのは難しいのではないか。

 軽ワゴンのほうが室内は広いし、装備も充実しているし、遊び心もあって購買意欲がそそられる。しかし、小型車になると急に保守的になってしまうのだ。この件に関し、私にはひとつ思い当たるフシがある。「イグニスのトラウマ」である。

 スズキの小型クロスオーバー、イグニスはとてもカッコいいクルマで、私の周囲にもセンスよく乗っている仲間がいるのだが、一般的な人気は得られないまま販売終了になってしまった。

 スズキの開発陣はこれが「トラウマ」になっているのではないか。イグニスの失敗で、小型車は無難で波風が立たないデザインにするしかないと考えるようになったのではないかという推測である。

 おそらく、そのやり方は間違っておらず、新型スイフトは今までと同じくらいの支持は受けるだろう。しかし、新しいユーザー層を手に入れるのは難しいだろうし、これで5年、6年のモデルライフが保てるのかという疑問もある。

 きっとこの後、華やかにスイフトスポーツが登場するのだろう。私も期待はしているが、そうなるとスイフトの存在感はさらに薄まってしまう。

 5代目なら大胆なイメージチェンジを図ってもよかったのではないか。送りバントではなく一発長打を狙ってほしかったと思う。

●スズキ スイフトHYBRID MX 192万2800円(5MT)

スズキ スイフト。今回試乗したのはHYBRID MX(5MT)

 2023年12月登場。全長3860×全幅1695×全高1500mm、ホイールベース2450mm、車重920kg。

 プラットフォームは先代のキャリーオーバーで、エンジンは新開発の直3、1.2L+ISG(マイルドハイブリッド)。

 エンジン82ps/11.0kgm+モーター3.1ps/6.1kgmを発揮する。また、ISGなしの1.2Lもある。価格帯は172.7万~216.7万円(FF車)。

【画像ギャラリー】スズキの「冒険」も見てみたい!! 愛された4代目から新型5代目へと正常進化をはたしたスズキ スイフト(16枚)

投稿 工夫の塊[新型スイフト]はちょっと不便!? 正常進化も[リアに室内灯なし]!! トラウマになってるクルマって? は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

クセ強めのフランス車好きも思わず納得? 超王道ドイツ車を今こそ乗ってほしいワケ
クセ強めのフランス車好きも思わず納得? 超王道ドイツ車を今こそ乗ってほしいワケ
ベストカーWeb
もはやスイスポいらずの完成度!! 新型[スイフト]は値上げも軽量を武器に! 元気な走りを見せる
もはやスイスポいらずの完成度!! 新型[スイフト]は値上げも軽量を武器に! 元気な走りを見せる
ベストカーWeb
100万円引きにもなる[クラウンスポーツ]!? 内装の質感が大幅進化に乗り心地がとにかくイイのよ!
100万円引きにもなる[クラウンスポーツ]!? 内装の質感が大幅進化に乗り心地がとにかくイイのよ!
ベストカーWeb
5ナンバーセダン[ドマーニ]の衝撃!! [シビック]の兄弟車なのに内外装完全オリジナルってマジか!! 
5ナンバーセダン[ドマーニ]の衝撃!! [シビック]の兄弟車なのに内外装完全オリジナルってマジか!! 
ベストカーWeb
コスパ最強SUVの[WR-V]は4倍の注文!! 爆売れのワケは前代未聞の割り切りにあった!?
コスパ最強SUVの[WR-V]は4倍の注文!! 爆売れのワケは前代未聞の割り切りにあった!?
ベストカーWeb
新型パジェロとも疑うデキ!! 技術をフルに投入[トライトン]! SUV顔負けのまさか過ぎる性能とは?
新型パジェロとも疑うデキ!! 技術をフルに投入[トライトン]! SUV顔負けのまさか過ぎる性能とは?
ベストカーWeb
BooBooラウンジ第4回 マニュアル車が大好きな松重 豊さんが乗りたくてワクワクしていた[フェアレディZ]に試乗!
BooBooラウンジ第4回 マニュアル車が大好きな松重 豊さんが乗りたくてワクワクしていた[フェアレディZ]に試乗!
ベストカーWeb
地味だけどいいクルマ「スイフト」のいいところをほめちぎりたい
地味だけどいいクルマ「スイフト」のいいところをほめちぎりたい
ベストカーWeb
トヨタが「新型GR86」発表! 「走りの変化」が凄い! 「登場“3年目”の改良」で何が変わった?
トヨタが「新型GR86」発表! 「走りの変化」が凄い! 「登場“3年目”の改良」で何が変わった?
くるまのニュース
格上にも匹敵の速さ[MR-S]!! 楽しさは[ロードスター]が別格! 超意外すぎた比較結果とは? 【リバイバルBESTCAR】
格上にも匹敵の速さ[MR-S]!! 楽しさは[ロードスター]が別格! 超意外すぎた比較結果とは? 【リバイバルBESTCAR】
ベストカーWeb
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
ベストカーWeb
[新型フリード]に黒っぽいボディが3つもある!? フリードこそブラックボディにすべきというこれだけの理由
[新型フリード]に黒っぽいボディが3つもある!? フリードこそブラックボディにすべきというこれだけの理由
ベストカーWeb
未だに300万円もすんの!? ラシーンは当時家族優先のクルマだった?! 30年経ってもファン多めなラシーン新車販売当時の評価を振り返ってみる!! 【リバイバルBESTCAR】
未だに300万円もすんの!? ラシーンは当時家族優先のクルマだった?! 30年経ってもファン多めなラシーン新車販売当時の評価を振り返ってみる!! 【リバイバルBESTCAR】
ベストカーWeb
さらば庶民のディーゼル高級車!! [マツダ2]ディーゼル生産終了確定!! いつかまた復活してくれよな
さらば庶民のディーゼル高級車!! [マツダ2]ディーゼル生産終了確定!! いつかまた復活してくれよな
ベストカーWeb
外車も良いけど国産車もアリ!! 今こそ日本車のワケ
外車も良いけど国産車もアリ!! 今こそ日本車のワケ
ベストカーWeb
[キューブ]ってそんな売れてたっけ!? なのに復活の声多いワケ
[キューブ]ってそんな売れてたっけ!? なのに復活の声多いワケ
ベストカーWeb
[GR86]が3年目の熟成に突入……ダンパーや電動パワステをより進化させ大進化 それでも約4万円アップの価格増で済むなんて!!!
[GR86]が3年目の熟成に突入……ダンパーや電動パワステをより進化させ大進化 それでも約4万円アップの価格増で済むなんて!!!
ベストカーWeb
新型[フリード]登場でシエンタと何が違う!? 意外にも大きかった3列目の差とは?
新型[フリード]登場でシエンタと何が違う!? 意外にも大きかった3列目の差とは?
ベストカーWeb

みんなのコメント

31件
  • hag********
    初めてのスズキ車新型スイフト購入から1週間。期待を上回る良い車で驚いています。
    国産T社・ドイツB社を数台乗り継いでのスイフト。コンパクトカーなので後席室内灯はあってもなくても。それよりも最新安全装備の充実やら、ドイツ車と同様に走行しての燃費21K超え、乗り心地や静寂性も感覚的には劣っていないと感じるし、街中・高速どちらでも走るのが大変楽しい。

    実際に乗ってみるとわかります。
  • オッス! オラ無職!!
    先代XLに家族が乗ってます
    何不足無く満足です リアに人乗せないので何も無くて構わないですねw
    買って5年なので次のフルモデルチェンジまでは買わないかな・・
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.0378.0万円

中古車を検索
スイフトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.0378.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村