サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 雪が降るときワイパーは立てる、立てない? どっちが良いの??

ここから本文です

雪が降るときワイパーは立てる、立てない? どっちが良いの??

季節は冬真っ只中。降雪地帯やスキー場などでは、駐車場に停まっている車がワイパーを立てている光景を目にしたことはありませんか? あまり雪に慣れていない地域の方などは、どうして雪が降るとワイパーを立てるのかご存じないかもしれません。今回はその謎を解説していきます。

雪が降った日によく見る光景

市販化切望!オープン仕様のGRスープラが超絶かっこいい!!

雪が降った日の朝、おもむろに外に出ると駐車場の雪が積もって真っ白のクルマから、触覚のようにワイパーだけが立っている光景を目にしたことはありませんか?

これは第一に、ワイパーを下ろしたままの状態でとフロントガラスに雪が積もると、ワイパーが凍ってしまいフロントガラスに貼り付いて動かなくなってしまうので、それを防ぐために行わなわれる手段なのです。ワイパーのゴムは柔らかい素材でできているので、凍ったまま無理やり動かそうとするとゴムが切れてしまう恐れがありますので注意しましょう。

また、ワイパーを立てる別の理由としては、積もった雪の重量でワイパーが変形したり、折れたりしなようにする為でもあります。

万が一ワイパーを変形させてしまった状態で動作させると、フロントガラスを傷つけたり、ワイパー同士がぶつかる可能性があり危険ですので、こちらも注意が必要です。

その他の理由としては、積もった雪をかきやすくする為などが挙げられます。

一部車種によってはワイパーを立てるのにワンアクション必要

外車や一部の高級車では「コンシールドワイパー」といってボンネットの下にワイパーが隠れている車種があります。

こういった車種ではワイパーをそのまま立てられないので、ワンアクション必要となります。

やり方としては、ワイパーを収納位置から出せるワイパースイッチがついているので、そのスイッチを操作してワイパーが立てられる位置までブレードを動かしてからワイパーを立てます。

注意点としては、ワイパーを立てたままの状態で動かしてしまうと、フロントガラスなどにぶつかり破損する危険があるので、作動させる際にはワイパーはきちんと寝かせて(戻して)から動かすようにしましょう。

万が一のその時、お湯はかけちゃだめ!

もし万が一ワイパーがフロントガラスに凍りついてしまったら、無理やり剥がしたり、お湯をかけたりといった行為は絶対にNG!

ワイパーブレードのゴムが破損する恐れがあるほか、何よりもフロントガラスに大きなダメージを与える可能性が高いからです。フロントガラスは、材質の異なるガラスとガラスの間に特殊なフィルムを挟んだ合わせガラスで出来ています。凍っている外側のガラスにお湯をかけても室内側のガラスにはお湯の温度は伝わらず、外側のガラスだけ熱で膨張して破損する可能性があるのです。

万が一凍ってしまった際には、自然に溶けるのを待つかエアコンの暖房で温めて溶かすなどしましょう。もし短時間で解消したいと言った場合は便利な「解氷スプレー」と言った商品もあるので、是非試してみてください。

[筆者:MOTA編集部]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します