サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 次期RX-7になるはずだった!? マツダRX-01とはどんなコンセプトカーだったのか?

ここから本文です
 マツダのアイコンとして、今なおファンの関心を集めるロータリーエンジン(RE)。その最後を飾ったのが、2003年に登場したRX-8だ。RX-7の後継でありながら、個性的なピラーレス4ドアクーペボディに自然吸気式REを組み合わせるなど、新感覚のREスポーツカーに仕上げられていた。

 しかしRX-7の後継となる次世代REモデルのプロジェクトは、当初、RX-7の伝統を受け継いだ2ドアクーペが想定されていた。それがコンセプトカー「RX-01」だ。運命のいたずらで世に出る機会が失われた幻のREクーペはどんなクルマだったのだろうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ